ホラホラ速報

好奇心のスキマを埋めるまとめサイト ホラホラ速報

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/11/16(木) 18:34:49.07 9
    気になる
    2017年11月16日 17時48分 公開
    10代女子が選ぶ今年の流行語、3位に「ンゴ」
    10代女子が「今年流行した」と思う言葉は、1位が「インスタ映え」、2位が「熱盛」、3位が「ンゴ」――こんな調査結果が発表された。
    [ITmedia]

     10代女子が「今年流行した」と思う言葉は、「インスタ映え」や「ンゴ」……10代女子向け総合メディア「マイナビティーンズ」がこのほど、こんな調査結果を発表した。

     2017年に流行した「コトバ」「モノ」「コト」「ヒト」について、13~19歳の女性1006人にアンケートを取り集計した。ネット関連、特にInstagram関連のワードが多数ランクインしている。


    画像
    流行った「コトバ」ベスト10


     「コトバ」編の1位には、Instagramに投稿すると見栄えがするといった意味で使われる「インスタ映え」、2位には、テレビ朝日の報道番組「報道ステーション」発の語で、「熱くなるほど盛り上がっている」という意味で使われる「熱盛」が入った。

     3位は、「2ちゃんねる」(5ちゃんねる)の「なんJ」板発祥の「ンゴ」。「わろたンゴ」「泣いたンゴ」など、言葉の語尾に付けて使われているという。

     4位は「~な説」(バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」で使われる言葉)、5位は「オーマイゴッドファーザー」(お笑い芸人「フースーヤ」のギャグ)、6位は「BFF」(Best Friend Foreverの略)、
    7位は「ありよりのなし」(“あり”と思ったけどやっぱり“ない”」という意味)、8位は「良きき」(「良き」の進化形)、9位は「バブい」(「赤ちゃんみたい」という意味)、10位は「すこ」(「すごい」という意味)だった。


    画像
    流行った「モノ」ベスト10


     「モノ」編1位は、韓国発祥の焼き肉料理の一種「チーズタッカルビ」。「チーズが伸びる様子を動画で取るとインスタ映えする」と人気を集めた。2位は、手で回すおもちゃ「ハンドスピナー」だった。


     3位は、電球型の容器に色鮮やかなドリンクを入れた「電球ソーダ」で、インスタ映えするドリンクとして、祭りの屋台でも販売されるなど人気が広がった。

     4位には、カメラ女子の間で流行した「写ルンです」が、8位には、スマートフォンのカメラに取り付ける広角レンズ「自撮りレンズ」が、9位には、すべての例文に「うんこ」を採用した「うんこ漢字ドリル」が入っている。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1711/16/news131.html
    Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

    引用元: 10代女子が選ぶ今年の流行語、3位に「ンゴ」

    【10代女子が選ぶ今年の流行語、3位に「ンゴ」 】の続きを読む

    job_animator
    1: 風吹けば名無し 2017/11/17(金) 18:29:50.16 ID:seI7AGi20
    【悲報】底辺アニメーターを馬鹿にして絶賛炎上中の森次慶子さん、警察に相談する宣言
    https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1510906632/

    引用元: 【悲報】底辺アニメーターを馬鹿にして絶賛炎上中のロブおば森次慶子さん、警察に相談する宣言

    【【悲報】底辺アニメーターを馬鹿にして絶賛炎上中のロブおば森次慶子さん、警察に相談する宣言 】の続きを読む

    1: Ψ 2017/11/14(火) 23:55:44.92 ID:aVw1PnUU
     【ジュネーブ共同】国連人権理事会は14日、約5年ぶりに日本の人権状況を審査する作業部会を開いた。
    特定秘密保護法などで萎縮していると指摘される「報道の自由」の現状に懸念を示す意見が相次ぎ、米国やオーストリアの代表は政府が放送局に電波停止を命じる根拠となる放送法4条の改正を求めた。
    韓国は従軍慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意について合意の過程を検証していると述べ、中国は元慰安婦への誠意ある謝罪と補償を求めた。ベルギー、カタール、トーゴが勧告をまとめ16日に出す。

     報道の自由に関してはブラジルやベラルーシも特定秘密保護法に懸念を示した。
    http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/260625

    引用元: 【悲報】国連人権理事会の審査、日本での「報道の自由」に世界各国が懸念

    【【悲報】国連人権理事会の審査、日本での「報道の自由」に世界各国が懸念 】の続きを読む

    233d8522853633a84128103acebc44af54281c781464364849
    1: きつねうどん ★ 2017/11/15(水) 06:34:47.81 ID:CAP_USER
     「NHKの集金人が家の外で立ち小便をした」とする動画がネットに出回り批判を集めています。NHKはこれに対して事実ではないと否定しました。

     問題の動画は先週末に投稿されたもの。NHK集金人が来訪したが、呼び鈴に応答しなかったら立ち小便をしていたというメッセージを添え、インターフォンから撮影したとみられる、立ち小便をする男性の動画を投稿していました。

     NHKに問い合わせたところ、「契約収納業務の委託事業者に確認しましたが、映像にある人物はおらず、そうした事実はありません」と動画の人物はNHK関係者ではないと否定しました。

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1711/14/news133.html

    引用元: 「NHK集金人が家の外で立ち小便」とする動画拡散 NHK「そうした事実はない」

    【「NHK集金人が家の外で立ち小便」とする動画拡散 NHK「そうした事実はない」 】の続きを読む

    ose
    1: 風吹けば名無し 2017/11/15(水) 06:01:46.77 ID:mmvEDY6u0
    おせちは不味いだろ
    正直になれよ

    引用元: ガイジ日本人「おせち食うンゴ(まっず……でも高かったし……)美味い!」

    【ガイジ日本人「おせち食うンゴ(まっず……でも高かったし……)美味い!」 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/11/15(水) 02:13:30.99 ID:xNrAZD6Xa
    11月14日 16時42分

    東京・中野区の有料老人ホームで、入居者の83歳の男性を浴槽で溺れさせて殺害したとして、25歳の元職員が逮捕された事件で、
    元職員は「男性が風呂の床を汚して掃除しないといけなくなり、怒りがピークに達した」などと供述していることが警視庁への取材でわかりました。
    警視庁は、突発的に暴行を加えたと見て調べています。

    東京・中野区の有料老人ホーム、「ニチイホーム鷺ノ宮」の元職員の皆川久容疑者(25)は、施設で介護士として働いていた、ことし8月、
    入居者の藤澤皖さん(83)を浴槽に投げ入れて湯をはり、顔がつかった状態にさせ、溺れさせて殺害したとして、殺人の疑いで逮捕され、14日午後、東京地方検察庁に送られました。

    警視庁のこれまでの調べで、容疑を認め、「何度も布団などを汚したので、『いい加減にしろ』と思ってやった」と供述していることがわかっています。

    その後の調べに対し、皆川容疑者は「布団などを汚したあと、シャワーを浴びさせていたら、今度は風呂の床を汚したので掃除をしないといけなくなり、怒りがピークに達した」

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171114/k10011223081000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_013

    引用元: 老人「風呂でうんちブリブリ~」 介護士「てめえコノ野郎!」 ジジイを浴槽にぶん投げ沈め殺し男逮捕

    【老人「風呂でうんちブリブリ~」 介護士「てめえコノ野郎!」 ジジイを浴槽にぶん投げ沈め殺し男逮捕 】の続きを読む

    claimer_ojisan
    1: trick ★ 2017/11/13(月) 01:04:38.16 ID:CAP_USER
    悪質クレーム 流通業で働く人の7割が経験 初の実態調査 | NHKニュース
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171109/k10011218061000.html
    11月9日 21時28分

    スーパーマーケットや百貨店など流通業界で働く人の70%が客から暴言や説教といった悪質なクレームなどを受けた経験があると回答したことが労働組合が初めて行った実態調査でわかりました。組合側は「ここまで大変な思いをしているのかと驚いた。度を超えたクレームに対しては毅然(きぜん)とした対応を取るよう求めていきたい」としています。

    この調査はスーパーマーケットや百貨店、コンビニエンスストアといった流通業界で働く人などの労働組合で作るUAゼンセンが、ことし6月から7月にかけて初めて行ったもので、全国の組合員5万人余りから回答を得ました。

    それによりますと、仕事中に客から悪質なクレームなどの迷惑行為を受けたことがあると回答した人は3万6000人と全体の70%に上りました。

    迷惑行為の内容について複数回答で尋ねたところ、回答した人のうち、「暴言」が49%の2万4100人、「同じ内容を繰り返す」が29%の1万4200人、「説教など権威的態度」が27%の1万3300人で、「セクシュアルハラスメントを受けた」という人もおよそ10%の4900人いました。

    また、心身への影響について尋ねたところ、回答した人のうち90%近い3万3400人が「ストレスを感じた」と回答し、「精神疾患になった」と答えた人も359人いました。

    中には「2時間にわたって正座させられ片方の耳が聞こえなくなった」という男性や、「客から腕で何度も胸をつつかれ、上司に報告したが、『大ごとになる』と対応してもらえず、体調を崩して精神疾患になった。私に人権はないのか」とつづった女性もいました。

    UAゼンセン流通部門の安藤賢太社会政策部長は「流通業界は客と対面して接する機会が多く、長年、『お客様は神様だ』と言われてきたが、現場はここまで大変な思いをしているのかと驚いた。良心的な客がほとんどだが、度を超えたクレームに対しては毅然(きぜん)とした対応を取るよう企業に要請するとともに国に対しても法整備なども求めていきたい」としています。

    引用元: 【社会】悪質クレーム、コンビニ・スーパーなどで働く人の7割が経験 60代や70代が多く、暴言や罵倒を…

    【【社会】悪質クレーム、コンビニ・スーパーなどで働く人の7割が経験 60代や70代が多く、暴言や罵倒を… 】の続きを読む

    このページのトップヘ